キャッシングとカードローンの違いについて

 
消費者金融を利用するにあたってキャッシングとカードローンのふたつの言い方がありますが同じ意味なのかどう違うのか紹介します。

キャッシングとカードローンは返済方法に違いがあるんです。

キャッシングとは?

キャッシングとは一括で返済する方法の事を言います。30日以内の一括返済が前提なので、必然的に少額の融資となります。消費者金融をライトに利用している方の上手な活用法といえます。

 

生活費の補充といった利用方法が多いです。冠婚葬祭で出費が重なったり、月々のローンの支払いで、次の給料日までの生活費がちょっと足りなくなった時など。1回の給料分で余裕で返済できる金額の範囲内を借り入れするというものです。

カードローンとは?

カードローンとは分割で返済する借入れ方法の事を言います。分割での返済ですので、大きな額の融資が可能になるのがカードローンですが、利息分を多く支払い続けないといけないので気をつけましょう。

 

何回払いにするのか、毎月の返済額は幾らにするのかは自由に決められますが、年収の状況によって消費者金融側が上限を決めることが多いです。毎月の給料日に入ってくる額に対して、返済額を多く設定してしまうと、毎月の負担になってしまいますし、少なくし過ぎると利息が膨れ上がって何年経っても完済出来ないということになってしまいます。

 

返済が遅れないよう支払いを継続するためにも年収と借入額とのバランスを考えて借りなければなりません。そこで役に立つのが「返済シミュレーション」です。インターネットを利用しているのであれば、申し込みをする前でも利用できるサービスです。借りた額に対して、月々の返済と利息のバランスが判断できるようになっています。月々の返済額を少なくすると毎月の支払いは楽になりますが、返済期間は長くなってしまい、その分利息も多くついてしまいます。

 

目的によってキャッシングとカードローンのどちらかを選ぶのが良いですが、無理のないスマートな利用を心掛けましょう。

 

ここでいうキャッシングに関しては、金利についてはそんなに気にすることでは無いようですが、カードローンに関しては金利の額はとても影響してきます。インターネットをご利用されていれば、公式ホームページの「返済シミュレーション」で金利の計算をして、どれくらいの金額、どれくらいの期間利用すればどのくらいの金利が追加されるのかを把握しておきましょう。