カードローン審査の注意点

 
審査に通りやすいカードローンの申し込み方法ってあるの?
はじめて消費者金融のカードローンやキャッシングの利用をするとなると何もかも初めてで戸惑いますよね。

何事も最初が肝心。申し込み時の注意点を知っておくと安心です。まずは必ず申し込み時に必要なのが本人確認の書類です。運転免許証やパスポートなどが必要なので必ず準備をしておきましょう。

 

インターネットで申し込みをする際に申し込みフォームに記載する住所や電話番号が本人確認書類と違うと審査に通過できないので間違って記載をしないように注意をして慎重に記載しましょう。

 

お金を借りる際に消費者金融のカードローンはフリーローンなのですので使い道は自由です。ですが、ただお金がないというだけでは審査に通らない場合もあるようです。

 

生活費が足りなくなる事は誰にでも起こることです。なので少額から借り入れが可能なフリーローンというのが重宝されます。

 

他社からすでに借入れをしていてさらに新規申込みとなると相当お金に切羽詰っているということで返済能力がないとみなされてしまう危険性があります。また、数社からお金を借りていてお金が足りないという理由でも同じく審査に通過は不可能です。

 

消費者金融とは総量規制があるので年収の3分の1までしか借りられません。借りる希望金額が年収の3分の1以上ですと審査には通過できないので注意をしましょう。

 

消費者金融会社との信頼関係も大切。本人確認の電話が来た際はちゃんとした対応をしましょう。あまりいい加減な応対は悪い印象となり審査に不利になります。

 

申し込みを行うときは1社ずつ申し込むこと。一度に何社も申し込みをしてしまうと申し込みブラックとなりどの会社にもしばらくの間申し込みができなくなるので気を付けましょう。

実際に「多重申込」というのがあります。申し込みブラックの正しい名称ですが、これは噂レベルではなくて本当にあります。ほとんどの金融業者が登録して利用している「信用情報機関」というのがあります。そこでは利用者の個人情報が保管されていて、金融業者はいつでも取り出せるようになっています。過去の金融の利用履歴はもちろんですが、「多重申込」の履歴も閲覧することができるようになっています。短期間で複数の金融業者に申し込んだ履歴を確認できるので、それを理由に、審査に落ちる可能性もあるということです。ですが、この多重申込の履歴の保管期間は6ヶ月です。もし、2〜3社同時に申込んでしまったら最低でも半年は我慢しましょう。そうすればまた申し込みが可能になります。