カードローン審査の際、派遣の場合は在籍確認の電話はどこにかかってくる?

 
派遣の場合の在籍確認の電話は、基本的には派遣元である登録会社になります。
ですが、事情がある場合は派遣先である職場のほうに在籍確認の電話連絡をすることも可能ですし、在籍確認の電話なしでカードローンをすることもできます。

この場合は、在籍確認なしという意味ではなく、電話以外の方法、つまり追加で書類を提出することにより電話による在籍確認なしでカードローン審査を完了させることができるようになるという意味になります。

 

やはり最近は派遣の方も登録会社や勤務先にかかる在籍確認なしのカードローンが人気のようです。

CMで人気のアコムかプロミスならどうしても在籍確認電話が勤務先にかかるのが困難という理由がある場合代替方法を案内してくれるのです。

 

派遣先が変わったばかり、登録会社が変わったばかりなどでも大丈夫なので安心です。

これは在籍確認の電話が困るという方にとっては嬉しいですよね。特に派遣の方にとってはほとんど出社することのない派遣登録している会社に電話されるのも困るし、かといって毎日出勤していても勤務先にはならない派遣先。そちらになっても困るので電話なしになれば有り難い事ですよね。

 

在籍確認なしでカードローンを借りられる会社は無いですがこのように電話ではなく違う方法を提案してくれるというのはとても配慮のある会社と言えます。
しかもアコムとプロミスは新規申し込み者が無事に審査に通過した場合は30日間の無利息期間が付いてきます。
これはたいへんうれしい特典。

 

初めての利用の際は返済もドキドキで思ったよりも時間がかかりがち。

30日間の無利息期間があればその間に返済をすれば無利息でお金を借りられるし余裕を持って返済をすることができるので助かります。

 

申し込み方法はとても簡単。

インターネットの申し込みの後に送られてくる申込確認メールにある、「必要事項」に「勤務先への電話連絡以外の在籍確認を希望」と記載して申し込みを行います。

 

その後王仕込み確認の電話が本人の携帯電話かスマートフォンでかかってきますのでその際になぜ在籍確認の電話が困難なのかをきちんとお話しましょう。そうすれば代替方法を担当オぺレーターが親切に説明をしてくれます。

 

代替方法は書類提出による在籍確認。

源泉徴収票、収入証明書や社員証、社会保険証など、また個人事業主の方の場合は確定申告書など会社に在籍しているのがわかるものを用意し、写メで画像を送るだけです。

 

その際に、画像を送る前に今一度確認することが大事です。証明書類の文字や数字がちゃんと読み取れる状態にあるかどうかの確認です。そうしないと写真の取り直しを要求され、即日融資が次の日まで持ち越しということになってしまいます。

 

派遣だと年収が低い。それでも100万以上の借入は可能?

 

初回は正直、難しい場合も多いかもしれませんが、きちんと借入と返済を繰り返すことのよって増額してくれるようになります。初回の借入限度額はだいたい5〜50万までの方が多いようです。一流大手企業で年収が高く、今まで借入経験がないような方の場合であれば初回から100万の融資も可能だったりするようです。