カードローン審査で在籍確認の電話は時間指定できるの?

 
カードローンの申込をすると在籍確認の電話があるのが一般的です。
これは大手でも中小でも消費者金融に共通した審査手続きの一つです。無担保融資である以上、働いて得る給与が返済原資なので働いていることを確認しないと貸付はできないのです。

そして、この在籍確認の電話は、抜き打ち的にかけてくることが一般的でもあります。時間を指定すると他人の成りすましを防ぐことができないためです。

 

しかし、会社によっては就業時間が夜遅かったり、平日に休日となっていることがあります。そのような会社に消費者金融が通常営業している昼間に電話をしても意味がありません。

 

そのような際は自分の会社の事情を説明することで、ある程度の時間指定が可能です。

 

ただ、自分が営業担当で会社にいない時間帯が多いという場合でも、在籍確認の電話については問題がありません。なぜなら、消費者金融はその人が会社にいることだけ確認したいだけなので、「出張していていません」と回答があれば目的は達せられるのです。

 

そのため、あえて時間指定をして、自分がいる時間に電話をしてもらおうと意識する必要性は低いです。

 

しかし、それでも会社に消費者金融から電話があるのは不安なものです。

 

そんな人はプロミスのWEB完結はいかがでしょうか?
勤務先名の入った健康保険証と直近月の給与明細や源泉徴収票などがあれば、あえて会社への在籍確認の電話を省略してくれる申込方法です。

また、このような申込方法を準備していなくも、アコムのように依頼することで在籍確認の電話を省略してくれるともあります。もちろんその際にはプロミス同様に勤務先名の表記されている健康保険証と給与明細は必要です。その他にも消費者金融側から支持のある証明書類で用意できるものがあれば提示しましょう。勤務先名の入っている証明書類は他にも社員証や、源泉徴収票などあると審査がスムーズに進みます。

 

ただし、プロミスもアコムも審査の状況によっては在籍確認の電話を省略できない場合があるので注意が必要です。

 

基本的には大手の消費者金融であればどこも在籍確認の審査は重要です。現在働いていて、安定した収入があることが利用の絶対条件ですから、それを確かめる術として在籍確認の審査は行われます。それが、電話連絡になるか、それ以外の方法にしてもらえるか、になります。