カードローン審査の電話連絡-書類で代替できるって本当?

 
カードローン審査での電話連絡について

消費者金融などのカードローン審査でどうしてもネックとなるのがカードローン会社から職場に電話が来る在籍確認の審査です。
職場に電話が消費者金融会社からかかってくるなんて、上司や同僚にばれてしまうと申し込みたくても躊躇してしまう方も。
しかしお金を借りたいとというときは切羽詰っているもの。
どうしてもお金は借りたいですよね。

 

カードローン審査で電話なしの金融があった!

そういった場合、消費者金融カードローン会社によっては在籍確認審査を会社に電話をかける方法ではない方法で対応してくれるところがあるのです。
それが大手消費者金融会社のアコムやプロミスです。
こういった対応をしてくれる会社はあまりないのが現状ですが対応力抜群のアコムかプロミスならば可能です。

 

ではどうすれば電話なしのカードローンができるの?

申し込みを行う際に申し込みフォームの備考欄に在籍確認の電話はNGと記載して送信します。
その後に担当オペレーターから本人確認の電話が来ます。
そこで詳しく在籍確認がNGの理由を説明すれば代替方法である書類提出の在籍確認方法を案内してもらえます。
この方法は会社に在籍しているとわかる社員証や源泉徴収票などの書類の画像やコピーをスマートフォンやファックスで送信するだけなので難しいことは無く審査もスピーディなので安心です。
急いでいる場合は早めに申し込みを行えば即日融資も可能です。

 

会社員じゃなくても書類で在籍確認のカードローンができるの?

はい、派遣、アルバイト、自営業、パート、日雇い、内職など、非正規雇用などの方でも、問題なく在籍確認の電話なしでカードローンができます。
基本的には雇用形態は問われず、定期的にきちんと安定した収入がある方なら借り入れができるので、その流れで審査内容も当然正社員以外の理由で差別されることはありませんので、ご安心ください。

 

ちなみに、どの職種においても審査が有利になるのは「勤続年数」が長い場合です。同じ職場で安定した収入があるということは、返済能力も安定していると判断されます。さらに他の条件もクリアしていると在籍確認の電話連絡も回避がスムーズに行われます。また、正社員で勤続年数が長いと、最初から金利も低めに設定してくれる話もあります。逆に勤続年数が短いとなかなか難しいかもしれません。