カードローン審査通過率が高い金融はどこ?

 
大手消費者金融の審査通過率は5割を切っていると言われています。
各消費者金融の公式データだから間違いないでしょう。

しかし、その原因は総量規制の年収の3分の1を超えていたりすることによる審査落ちであり、このような「門前払い」を除けば審査通過率はかなり下がります。
アコムやプロミスのような大手消費者金融は審査に通りにくいと言われていますが、信用情報の内容に問題がなければ審査は簡単に通過します。

 

言い方を変えれば、他の消費者金融で借入が多かったり、支払遅延が多かったりして審査マニュアル上通すことができない人が多すぎるのです。

 

自分の「日頃の行い」がよくて、安定した収入がある仕事についていれば審査に通らないことのほうが少ないと言えるでしょう。要は普通に働いていれば問題ないということです。

 

信用情報をよくすることにはどうすればいいかと聞かれますが、その前に現状把握が必要です。

 

信用情報機関のデータは依頼すれば開示されます。

信販会社が企画しているCICは自分が利用しているクレジットカードだけで支払も開示手続もできるため、簡単に開示請求が可能なので一度やってみるといいでしょう。

 

CICの開示資料を見ると、各ベーシに支払状況が月ごとに出ています。

 

期日通り支払がされていれば「$」マークが並んでいるはずですが、それ以外マークがついていると支払遅延などですから審査では不利になります。

 

過ぎてしまったものは仕方ないのですが、今後の支払を期日通り繰り返して「$」が並ぶようにしていれば、審査はかなり通りやすくなります。

 

また、開示資料のクレジットカードのベーシを見て、キャッシング枠があればすべて解約することが必要です。これが総量規制の枠を食いつぶしている例が少なくありません。

 

これだけで「自分自身の審査通過率」はどの消費者金融でも飛躍的に向上します。