在籍確認とは・・・?

 

消費者金融を利用したことがない方には馴染みのない【在籍確認】

消費者金融などでキャッシング・カードローンなどの借り入れをする際に、どこの金融でも必ず行われる、勤務先への電話連絡での審査を在籍確認と呼んでいます。

 

この在籍確認の審査の目的は、借り入れをする本人が本当にそこの職場で勤務しているか?を確認し、支払い能力を見るものになります。

この審査の際に、勤続年数が短い長いなどの査定はされません。その職場できちんと働いてるかのみを見られます。ですので、転職したばかりや新入社員などでも問題ありません。

 

基本的に、この在籍確認の審査は必須のもので回避することはできませんが、最近ではFAXや写メなどの機能が発展してきたので、電話以外でも在籍確認が取れるようになってきました。どういうことかといいますと、本来であれば消費者金融から担当者の個人名で勤務先への会社へ電話確認をしていた審査を、電話なしで完了させる借り入れ方法ができました。電話連絡なしにする代わりに、別途追加で社員証や社会保険証などをFAXや写メすればいいのです。

 

これらのものを所有しているということは、会社員であるという証拠になりますから、こういった勤続を証明できるカンタンな書類などを送信するだけで、職場にかかってくるわずらわしい在籍確認の電話なしでカードローン・キャッシングができるということなのです。

グーグルの検索などにもよく「在籍確認なし」などという検索キーワードが人気なのはそのためです。

こういった在籍確認不要で借りれる時代になったからこそ、職場で信頼されてる人でも安心して内緒でお金を借りれるようになったのです。サラリーマンであれば社内での査定もありますし、同僚などのうわさも気になりますからこういった審査の中での会社連絡はないほうがいいに決まっています。

 

ちなみに、会社員以外の自営業、派遣、契約社員、アルバイト、フリーター、内職、主婦、学生などでも在籍確認なしで借りれるのでご安心ください。その場合は社員証などのかわりに、給与明細や収入明細書などの提出となります。

 

ただ、正社員の場合、用意できる会社の名称が表示されている社会保険証や社員証はそれだけで効力があります。それに比べるとアルバイトやペートなど非正規雇用となると、在籍をします材料としては若干説得力にかけますので、在籍確認の電話連絡を避けて通れない可能性は高めですが、諦めずに担当者に丁寧に相談して見るのが良いでしょう。職場の状況を伝えれば、できるだけ配慮はしてくれますから。