在籍確認はどうしても電話確認じゃないとダメなんでしょうか?

 
キャッシングやカードローンの消費者金融で借入れを行う場合、申込みの際に勤務先への在籍確認をするため、職場へ電話連絡をして確認を行うことは、ほとんどの消費者金融で実施されていることです。ですが、この電話なしの方法で、職場にキャッシングの事がバレてしまったりすると、とても困るという方もいらっしゃいますよね。

では、なぜ「在籍確認」の電話連絡が必要なんでしょうか?会社に電話をかけてくるなんて、まるで嘘をついていないかと疑われているような若干嫌な気分になるかもしれませんが、消費者金融が融資をする際に、最も気をつけているところは、申込者の返済能力です。それはつまり、毎月一定の学の収入が見込める状態にあるかどうかです。ですので、職場に在籍していることを確認するのはとても重要なことなんです。

それでも、在籍確認の電話を回避する方法があるのでしょうか?

はい、電話を回避できる代替案があります。ですが、必ずしも「在籍確認の電話なし」の代替案を受けられるわけではありません。職場に在籍していることは必ず証明できなければなりません。それが、電話に代わるものがあればよいのです。例えば、社員証、直近の給与明細や源泉徴収票などの収入証明書。または勤務先名のある健康保険証など。消費者金融によって違いますが、概ねその辺りです。証明できるものが乏しければ、電話確認は避けることはできません。

 

健康保険証などの顔写真のない証明書に関しては、顔写真のある運転免許証やパスポートに比べると悪用される可能性から証明書としての評価が下がっていますので、健康保険証単体での証明は厳しくなってきたので、他の顔写真のない証明書と合わせて提出する必要があります。例えば住民票などです。

 

もし電話連絡がかかってくるとしたらどんな内容なのか?

消費者金融が融資をする際、守秘義務が法律で決められていますし、同様にお客様に対して、職場にバレないように配慮してくれます。電話をかける場合、消費者金融を名乗ることは決してなく、担当者の個人名でかけてきます。これだけでも随分と安心できます。そして、申込みされたお客様の名前を出して、つないでもらえますか、というような呼び出しをするだけです。決して、勤続年数や収入を確かめたり、職務態度を聞いたりするようなことはありません。職場の同僚の方から、席を外しておりますや、お休みをいただいております、といった返答が返ってくれば、そこで在籍確認の審査は完了ですので、安心してください。